メイン画像
HOME忍者とは > 戦国時代の頃の忍者

戦国時代の頃の忍者

名だたる武将達が天下統一を目指して戦っていた戦国時代。“戦国大名”と呼ばれる権力者達が勢力争いを行っていた時代が忍者にとって最も活躍した時代だった。敵の中にうまく入り込み、諜報活動や裏の仕事を行う集団として戦国大名たちが忍者を雇っていた。

いつ、味方が敵とともに襲ってくるかも分からない時代には、確実な情報を入手することがとても重要で、忍者は戦国武将たちにとって大切な戦力だった。

この時代にはまだ「忍者」という言葉がなかった

戦国時代には、諜報活動や敵のかく乱など裏の仕事をする人達に統一した名前はなかった。細作、草、透波、目付け、遠猴、芝見などさまざまあり、地域によって呼び名が違っている。

ピックアップ